うすゆき山荘・早池峰山 2022年7月9-10日

 うすゆき山荘に泊まり、清掃などをして、10日に天気がよければ早池峰山に登ることにしました。県道25号線は13時まで通れませんので、荒川高原や寺沢高原に立ち寄り、宮守で馬刺しを買いました。  うすゆき山荘は思ったほど汚れておらず、床の掃除、草むしり、ゴミの回収などをしました。ゴミは持ち帰りました。  16時頃から飲み食いを開始しました。酒を解禁しましたが、2合で打ち止めです。馬刺しは醤油が合…

続きを読む

早池峰山です

 午後から晴れの予報ですが、まだ霧雨です。  ハヤチネウスユキソウはたくさん咲いています。  もうしばらく晴れるのを山頂で待ちます。

続きを読む

雨のうすゆき山荘

 開通時間にあわせて、岳からうすゆき山荘に入りました。それほどは荒れておらず、ゴミ回収、灯油まとめ、草むしりなどをしました。  その後、小田越と河原坊の管理員さんたちに挨拶に行きました。  雨ですが、今日は100人ほど登ったそうです。珍しく、5時前に河原坊に車で入った人はゼロだったとのこと。そのせいか、開通一番乗りで、対向車はゼロでした。

続きを読む

氷上山(祈祷ヶ原まで) 2022年7月9日

 案内板を2つ作っていましたが、比較的天気がよさそうな9日の朝のうちに設置することにしました。4時に起きると、海側にはどんよりとした雲がかかっていましたが、晴れ間も少しありましたので決行です。山頂には雲がかかっていました。  中央コース登山口を5時17分に出発です。もちろん他に車はありません。ベニヤマボウシは散り始めています。 展望地 すずらんコース展望地  8合目上の祠への…

続きを読む

ミッション1完了

 雨が降る前にと思いましたが、祈祷ヶ原に着くと雨でした。  祈祷ヶ原の矢印案内板を新調しました。しばしば山頂はどちらか聞かれますので、必要な案内板です。

続きを読む

最後の最後まで

 土曜日の昼間は曇りで夕方から夜にかけて雨、日曜日の昼間は晴れるという予報に変わってきました。しかしこのパターンでは五葉山での作業にはあまり適していません。夜間に雨の中をトイレに行くのも面倒です。 土曜日に山小屋の掃除をして、日曜日に早池峰山に登るというのがよいかもしれません。最後の最後まで悩み苦しむことにします。  14日は夏休みを予定していますが、今のところは悪天候です。14日の夕方から2…

続きを読む

ノコギリ購入

 先日Kさんと玉山コースの倒木処理の検討をしましたが、Kさんがノコギリで切るかと言っていましたので、直径20cmもあるような木を切れるのかと思いましたが、ちゃんとしたノコギリなら切れるとのこと。  調べてみると、刃渡りのある手曲鋸ならかなり太い木(~直径40cm)も切れるようです。決して楽ではないようですが、騒音やメンテの問題があるチェーンソーに変わりうる手段であるとの記載がありました。  …

続きを読む

悲惨な状況

 陸前高田市の天気予報は7月17日まで傘マークがみごとに並んでいます。他の地域を見ても、よい天気のところは限られています。日本海側にはお日様マークがありますが、日程的に困難です。この2日間で行き先を思案しなければなりません。すでに氷上山または五葉山のお泊まり準備をしていました。  少しは飲んでもよいということで、一昨日は120ml程度飲んでみたのですが、まったくおいしく感じませんでした。もとも…

続きを読む

ほどほどに再開か?

 昨日の受診の結果は、まだ完治には至りませんが、徐々に改善傾向でした。  よい回答は期待していませんでしたが、例のものの可否を尋ねたところ、「少しくらいは」、「ほどほどに」ということでした。まあ想定内であり、たぶんドクターもお好きなのでしょう。逆の立場のこともししばしばですので、よくわかります。もちろん運転と同様、自己責任ということは、重々承知ですし、罪悪感を若干軽減させていただくということで…

続きを読む

今週は戻り梅雨?

 戻り梅雨なのかどうかはわかりませんが、今週の週間予報は悲惨です。月曜日から心が晴れません。まだ先ですので、わずかな希望は持ち続けることにします。晴れ間を求めて遠征できる状況にはまだありません。  天気次第で、氷上山、五葉山、早池峰山のいずれかを予定します。氷上山、五葉山はまだ作業が残っていますが、晴れないことにはできません。早池峰山は交通規制があり、人も多そうなので、平日に夏休みで行くほうが…

続きを読む

氷上山(登山口刈り払い) 2022年7月3日

 猛暑ですが、約束通りにKさんと登山口の刈り払いです。  6時45分から、すずらんコースの登山口です。丁稚は熊手です。 駐車スペース 登山口  1時間ほどですずらんコース登山口は終わりました。登山道を上まで刈り払いするのもキリがありませんし、登山口の印象は重要ですので、登山口だけ。  中央コース登山口に移動しました。幸いまだ車が来ていませんでした。  1時間半…

続きを読む

五葉山・しゃくなげ荘泊 2022年7月1-2日

 久しぶりの金曜午後からの登山は五葉山にしました。できるかぎり荷物を減らし、ペットボトル600ml×3(2本は保冷剤)、ノンアルビール350ml×2などとし、斧とノコギリを持って、約15kgとなりました。   5月末に盛岡で買った軽登山靴をようやくおろしました。世の中には靴慣らしという儀式を行う人もいるようですが、もちろん私はそんなこともせず、いきなり泊まり山行です。速攻で買って、しばらくもっ…

続きを読む

まだ晴れません

 雨は降っていないものの、まだ強風と流れるガスの中です。  昼には晴れるようですが、あまり作業には向かない天気です。

続きを読む

しゃくなげ咲いてます

 雨に降られることなく、しゃくなげ荘に着きました。しゃくなげが咲いています。  これからひと雨ありそうですが、土日はまあまあの天気のようです。  ぜひ五葉山へどうぞ。

続きを読む

今日は禁断の午後登山

 今は晴れていますが、日が変わるまでは曇り、その後は朝まで晴れて、土曜の午前中が曇り、午後から日曜日まで晴れという予報です。今晴れているのでこのまま晴れるのではと思いましたが、西の空には雲が待っています。  このような天気のときに、山が雲の上なのか、雲の中なのかは行ってみなければわかりません。今日はあまり好ましくない午後からの登山ですが、今のところは雷注意報は出ていません。危ない場所はおよそわ…

続きを読む

なかかな機能満載のkestrel 38

 シュラフが小さくなる夏場は、OSPREYのkestrel 38を使う機会が多くなります。実はこれまで細かい使い方などは調べもせずに使ってきました。改めて観察し、ネットで調べてみると、なかなか機能満載のザックであることが判明しました。  詳細は割愛しますが、スノーシューは側面装着も背面装着もできるようですし、ストックを刀のように装着することもできることを初めて知りました。もっとも冬場や残雪期の…

続きを読む

千載一遇のチャンス?

 大手のアウトドア用品の会社が、陸前高田のキャンプ場を運営することになったようです。その概要を説明する会が6月29日にあるというので、市の担当部署にきいてみたところ、その内容は今一つわからないものでした。新聞記事では、陸前高田を盛り上げる千載一遇のチャンスというような取り上げ方でしたので、ちょっと期待し、氷上山の魅力をアピール(プレゼンテーション)できないかと思ったのですが、そのような場ではない…

続きを読む

朝飯前に設置

 起きると晴れていましたので、中央コース登山口に案内板を設置しに行きました。花の時期に間に合いました。  登山口付近も草が生い茂り、刈り払いが必要な状況です。  登山口への道(林道氷上山線)にはシカがいました。先週もいました。また踏めばパンクしそうな落石があちこちに転がっています。道路に倒れかかった木もあります。ゾーン30のように走らなければ危険です。また暗い時間は、シカも落石もかな…

続きを読む

案内板できました

 思い立ったら即実行ですので、完成しました。現時点での最良と思われる工法です。  設置場所をどこにするかです。今年は中央コース登山口の両側にあるベニヤマボウシが多数の花をつけており、左近の桜・右近の橘のような雰囲気を醸し出しています。ここがよさそうです。 あとは山馬越林道を過ぎた発祥の地の標柱がある場所ですが、その付近は成長が悪く(日当たりが悪いため?)、林道に1本咲いているだけです。 …

続きを読む

ベニヤマボウシ

 ベニヤマボウシの案内板を製作すべく、いろいろ検索しています。  氷上山が発祥の地となっていますが、江戸時代に氷上山の山中で発見されたとか、自然変異したとかの記載がある程度で、学術的根拠を書いているものはいまのところ見つかりません。多くの発明や発見と同様、たまたま一番早かったというだけのような気はします。 氷上山ベニヤマボウシの園芸品種がサトミということですが、園芸品種として伐採したりしたため…

続きを読む