明日からお盆休み

 明日から4日間のお盆休みですが、今度こそは収穫なしという事態になりそうな雲行きです。とりあえず3ヶ所の宿場を決めましたが、果たして山には1山でも登れるかどうかです。  台風がそれる(*)可能性には期待しており、15日、16日は晴れるかもしれません。というわけで、身の安全は確保しながら明朝から逃避行に出かけます。  *:「台風がそれる」という表現はよく使われますが、自分の関係する地域からそれ…

続きを読む

率に悩む

 災害級の大雨に見舞われているところもありますので不謹慎ですが、関心領域の明日までの予報は若干好転してきています。土砂災害などで孤立する危険性はなさそうなレベルになっており、行ってみるのが無謀という状況ではなくなりました。災害は雨後にも起こりえますが、そんなこと言っていては何もできないというのも間違った認識ではありません。 今回は直接参加はしない予定ですが、ボランティア行事は降水確率40%以上で…

続きを読む

山の日からお盆まで

 山の日からお盆休み(16日まで)にかけての天気予報はこれまた悲惨です。悪天候の予報でも、運よくはずれたりして、これまで休むことなく登山を果たしてきましたが、今回はついにどこにも登れないということになりそうです。  11日に予定していた某所への登山は仮に晴れたとしても、インダス川とガンジス川を渡渉することが困難と思われ、催行中止としました。  その代わりにどこかへ行きたいところですが、どこも…

続きを読む

直すだけマシ?

 国土地理院は、地理院地図の間違いを指摘しても、自治体からの申し入れがないかぎり直さないという基本方針のようです。まあ一理はないとは言えません。ただ「自分の子」の間違いを指摘されて直さないのもいかがなものかと。  警察は標識の間違いなどを指摘しても、黙って指摘したとおりに直します。これまでに何ヶ所もの標識や案内板が知らないうちに直されました。非を認めないという作戦のようです。  自動車メーカ…

続きを読む

午後から晴れますので

 今日の午後から明日の夜までは晴れ、日曜日は曇りの予報になりました。まるで女神様が微笑んでくれたかのように。  ということで、今日の午後からは近くの山に籠ることにしました。明日の午後に下山して次の場所に移動しますので、その荷物も持たなければなりません。  朝風呂の習慣はなく、午前の仕事が終わってすぐに出かけますし、明日の移動中に入浴施設に立ち寄るというのも時間があったとしてもあまり好みません…

続きを読む

2つ目の「インター」

 県北某所にに2つ目の「インター」ができたようです。どちらも我々のような庶民には全く縁のないものです。昔なら借り切ってセミナー&スキーの会場になったかもしれませんが、もはやそのような古きよき時代ではありません。  国際化だと、官まで協力しているのが問題視されている記事もありました。国際化ではなく、某国の日本への進出というのがどうやら本当の姿のようです。別の隣国勢力に政界が侵略されているのと同じ…

続きを読む

この先もさえない天気予報

 今週末から山の日を含むお盆期間にかけての天気予報は、お日様マークがほとんどありません。この期間の予定はいくつかは決まっていますが、この予報では確定できず、変更を余儀なくされることでしょう。お盆期間には若干の遠征も検討してはいます。  今週末(金曜午後から)の予定もここのところの週末と同様に、五葉山、氷上山、早池峰のいずれかと考えていますが、まだ決定していません。安楽なのは金曜の夕方までに早池…

続きを読む

実験結果

 スマートキーのインロックが起きるのか簡易実験を行いました。運転席の窓を開けておき、キーを運転席に置いた状態ではアラームが鳴り、ロックされませんでした。キーをアルミホイルで包むと、アラームは鳴らず、ロックはされませんでした。スマートキーが車内でも車外とみなされる位置があるかないかはさらなる実験をしなければわかりませんが、通常ではインロックをしてしまうことはほとんどないような気はします。しかし報告…

続きを読む

想定外の想定を

 自動車メーカーへの忖度なのか、詳細が明らかではありませんが、キー閉じ込め(インロック)をした車の解錠をしたヒーローのニュースが話題になっています。スマートキーなのかどうかは不明です。  昔はドアノブを引きながらロックするという方法が一般的に行われ、やってしまったことがあります。最近のスマートキーでは車内に置いたままではロックされないことになっていますが、いくつかの原因でインロックが起きること…

続きを読む

藪山再訪

 過去に藪こぎをして登った山に、積雪期に登ったことは何度もあります。オーヅ岳、大峰山、大開山、中倉山、御月山、天神森など多数あります。もちろん拍子抜けするほど楽勝であり、展望がなかった山でも積雪期には大展望だったりします。  今回の媚山のように、再び藪こぎで登った山は思いつきません。そもそもその必要性がないからでしょう。藪こぎを請うという稀有な方の存在でそういう事態になりました。別ルートなら、…

続きを読む