階上岳・大開平避難小屋 2022年8月14-15日

 洋野町側から階上岳(種市岳)に登ったあと、階上町内でコインランドリーとスーパーに立ち寄ってから、階上岳に向かいました。今回は毎日汗にまみれたウエアをコインランドリーで洗濯乾燥しました。  大開平には数台の車がありましたが、避難小屋には誰もいませんでした。新しい休憩所に行くと、2人が泊まるとのことでした。センサーライトの件について話しておきました。他人のことは言えないかもしれませんが、2人でほ…

続きを読む

階上岳(種市岳) 739.3m 2022年8月14日

 青森県階上町と岩手県洋野町(旧種市町)の境界にある階上岳は種市岳と地図に併記されています。岩手県側からは種市岳と呼ばれてきたのでしょう。しかし岩手県側からの登山道は、ノソウケ峠からの道の情報しか得られませんでした。瀧澤大滝から破線の道が地図にありますが、現存するかどうかは不明です。2021年11月に南峰からの帰りに、洋野町側の地図にない道を進んだところ、破線の道の上端部があるのを発見しました。…

続きを読む

稲庭岳 1077.8m 2022年8月14日

 二戸市の稲庭岳には、2011年11月、2016年9月、2018年12月、2021年5月の4回登っています。  盛岡から八戸に向かって北上すると、稲庭岳が見えましたので登ることにしました。 稲庭岳 キャンプ場の案内板  キャンプ場には2台の車がありました。7時20分ですが、まだ眠っているようです。 登山口 ゲンノショウコ ヨツバヒヨドリ キンミズヒキ? …

続きを読む

茶臼岳 2022年8月13日

 大雨警報が出ていた八幡平市の茶臼岳に登るなんてとんでもないと言われそうですが、登りました。  区界では猛烈な雷雨に見舞われましたが、無事に切り抜け、八幡平に向かいました。茶臼口、黒谷地口、見返峠とも視界がほとんどなく、いったん秋田県の大沼まで進みました。しばらくして戻りましたが、見返峠はやはり視界がありません。黒谷地口まで下ると、多少の晴れ間が見えました。  いざ決行です。とまっていた車の…

続きを読む

小田越山荘・早池峰山 2022年8月10-11日

 曇りの予報になりましたので、うすゆき山荘に泊まって、山の日は早池峰山に登ることにしました。18時半頃にうすゆき山荘に着くと、先客1名がおり、何をするのかよくわかりませんが、入口前のテラスにテーブルやイスを並べ、そのままの状態では出入りできない状態でした。移動を要請すると、立ち上がり、ここを通ればよいとのこと。朝までこのままにすると言っていました。「遅く来て文句言うな」どと、常識が通用しない人物…

続きを読む

うすゆき山荘・早池峰山 2022年8月6-7日

 うすゆき山荘か小田越山荘に泊まって、7日に早池峰山に登ることにしました。氷上山を下山後、遠野で買い出しをし、江繋経由で向かいました。タイマグラのキャンプ場は混雑していました。 両山荘にはメリットとデメリットがあります。 うすゆき山荘 メリット  車で行ける  トイレあり  水場あり(沢から引水、水質保証なし)  携帯不安定だがつながる(3G>4G)  屋内から稜線が見える  若干のマットなど…

続きを読む

登奈孝志荘・氷上山 2022年8月5-6日

 6日の午前中に登奈孝志荘修理の下見を観光協会と建設業者がするということで、Kさんと一緒に立ち会うことにしました。私は一足先に5日の午後から登り、登奈孝志荘泊です。  もちろん中央コース登山口に他の車はありません。  ベニヤマボウシの案内板は字が変色し、にじんでいました。耐水紙にパソコンとプリンターで印刷する方法は社名柱ではまあまあうまくいっていますが、耐久性が悪いようです。  中…

続きを読む

媚山 683.9m 2022年7月31日

 媚山(こびやま)には2014年5月にひめかゆスキー場から往復しています。そのときに西側の標高580m付近まで猿岩橋から通じると思われる林道があることを確認していました(猿岩橋側からは通行したことはない)。  媚びるという言葉にはあまりよい意味はありませんが、風光明媚という熟語では、単に「美しい」という意味で使われているようです。  ちなみに、媚山という姓は、16064位で約330人とのこと…

続きを読む

五葉山 2022年7月30日

 諸般の事情で今回は日帰りで五葉山に作業に行くことにしました。ザックは泊まりの半分ほどの7kgです。100m巻のトイレットペーパーを6巻持ちました。泊まるときは朝に3回ウンコをしますので、大量消費者です。 6時前に赤坂峠に着きましたが、車は1台もありませんでした。  晴れていますが、展望はあまりありません。  今回もシカはいませんでした。食害や増殖が原因でシカの処分が行われますが…

続きを読む

しゃくなげ荘・五葉山 2022年7月23-24日

 23日の午後は大雨の予報でしたが、泊まりで五葉山に登ることにしました。6時過ぎに到着すると、赤坂峠には車は1台もありませんでした。晴れていますので登ります。  今回いくつかのわき道の探検を予定していました。登山道のすぐ左手に沢があり、水はそこそこに流れていました。緊急時には使えるでしょう。  花が終わったクリンソウの群落がありました。 展望所 氷上山 …

続きを読む