ほどほどに再開か?

 昨日の受診の結果は、まだ完治には至りませんが、徐々に改善傾向でした。

 よい回答は期待していませんでしたが、例のものの可否を尋ねたところ、「少しくらいは」、「ほどほどに」ということでした。まあ想定内であり、たぶんドクターもお好きなのでしょう。逆の立場のこともししばしばですので、よくわかります。もちろん運転と同様、自己責任ということは、重々承知ですし、罪悪感を若干軽減させていただくということです。飲んで血流をよくしたら治癒効果があるのではという冗談半分の質問には笑っていました。

 以前にも書いたように、家では1合(回数制限あり)、山ではノンアルビールと日本酒300mlなどと制限するつもりです。

 しかし、山も車も酒も仕事も罹患臓器(2つあるとはいえ)も失うという最悪の事態からは脱出できそうですので、摂生・節制はしなければなりません。さすがに今回の危機は、1回の人生、楽しく、好きなようにとはいきませんでした。
 なお、そのような状況の方で、普通に社会生活をされている方には不快な表現かもしれませんが、ご容赦ください。

 今週末の天気予報はまだ好転していません。具合が悪くても毎週登山は途切れていませんので、天気が悪くて途切れるなどという失態はありえません。雨があがっているうちに山小屋まで登降するなどを検討します。まだ火曜日です。


この記事へのコメント