あすなろ山荘偵察 2018年4月7日

 そのうちあすなろ山荘に泊まりに行くつもりですので、どこまで林道を入れるのか偵察に行きました。

 途中から荒れてきましたが、何とかゲートのところまでは入れました。しかしバーストの危険が高そうですので、本番はもっと手前から歩くことにします。

 ゲートを過ぎてまもなく、大きな落石が鎮座していました。ゲートを移動させて入ったとしてもここで終わりですので、入るのはやめましょう。

 
画像


 昨年、2ヶ所が修復されましたが、奥の修復場所の手前が大きくえぐれていました。せっかく修復したのに…。

画像


画像


 その先でも崩落している場所がありました。

画像


 駐車場を過ぎると、残雪が現れました。

画像


画像


 あすなろ山荘までは40分ほどで着きました。軽荷だと結構早いものです。

 1月以来、2人の書き込みがありました。

 前回持ってきた薪は減っていないようでしたが、若干の薪集めをしました。近くに営林署のものと思われる朽ちた廃屋があり、その中に15cmほどに切られた丸太が多数ありました。割れば薪にできそうです。そのうち担当部署に聞いてみます。トイレ周辺にも朽ちた廃材が積まれており、選別して乾燥させれば薪になるかもしれません。いずれにしてもあすなろ山荘周辺の森は倒木が多数あり、荒れています。林道を整備し、きれいな森を再生してほしいところです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック