今年も終盤へ

 またまた今週末も悪天候の予報です。今回はもう遠征することは決めていますので、若干の藪こぎを含めて、どこかの山には登ることにします。まだ先でなんとも言えませんが、今のところは日曜日に晴れマークが限られた地域にあります。  その後は9月8日に5日間ある夏休みの4日目を取得します。現時点では広く晴れマークですが、これまた先ですので女神様が微笑んでくれるかどうかは女神様のみ知るところです。  今年…

続きを読む

氷上山・登奈孝志荘泊 2022年8月27-28日

 悪天候の予報でしたので内陸部の予定していた山はやめ、雨の晴れ間をぬって氷上山に籠ることにしました。27日の昼から28日の昼まで断続的に雨が降る予報でした。  7時過ぎに中央コース登山口に着きましたが、もちろん他に車はありません。  登山口のベニヤマボウシの実がなっていました。食べられるそうです。  クモの巣に引っかかり、クモが逃げていきました。朝いちの山はクモの巣がからみ…

続きを読む

今日は雨に

 昨夜遅くから雨になり、今も降り続いています。予報も悪化し、晴れるのは夕方のようです。午前中は本格的な雨の予報ですので、昼過ぎたら覚悟して下ります。  雨に備えて携帯トイレを持参しています。自分の分身とはいえ、袋の温もりは名状しがたい感触です。下る間の30分ほど背負うだけなのでよいのですが、長時間や泊まりを続ける山行では難しい問題です。トイレがあるところで中味だけ捨てるというのも果たしてできる…

続きを読む

山は思惟の場

 万物にはすべて理(ことわり)があるのでしょう。倒木だって、老いて潔く死することを実行していると思われます。本来はこの倒木を利用する動植物がいますので、手を出すべきではないのでしょう。  山には様々な虫がいます。「みんなみんな、生きているんだ友だちなんだ」と歌ってみても、やはり同感には至りません。

続きを読む

長い昼夜昼

 雨が降る前に山小屋に入り、水も確保しました。  途中7-8合目間に、太い倒木があり、退治しました。  明日の昼過ぎまで、一昼夜以上の長いお籠りが始まりました。これから明日朝までは雨のようです。まだ夏ですが、心理的には氷雨かもしれません。  明日は昼前から晴れるようですので、遊びに来てくださいませ。  登山口のベニヤマボウシの実が色づきはじめました。

続きを読む

ものをよく失くす

 私はよくものを失くします。登山関連の物品も然りです。  今回はスパッツ(一番新しいもの・破れあり)です。昨夜準備していて、スパッツが見当たりません。先週の五葉山に持っていって使っていませんので、どこかで落とした(可能性は低い)、しゃくなげ荘に忘れてきた(十分に確認しているはず)、車の中に落ちている(しばしばある)、ドアを開けたときに車から転げ落ちた(たぶんあり)、ザックの中に残っている、実は…

続きを読む

町には住めないからに

 今週末はリクエスト登山の予定でしたが、第1候補の山は渡渉のリスクで早々と断念し、若干予報がよかった県北の第2候補を考えていました。しかし催行の判断期限が迫っていますが、予報はいったん好転したものがまた悪くなり、難しい状況となってきました。日曜の午後からは回復傾向であり、決行すれば昼頃からは晴れてくるかもしれませんが、主たる行動時間の午前中に濡れネズミになってしまいそうです。 自分一人なら直前ま…

続きを読む

ひとり寂しく泊まりたい今日この頃

 週末の天気予報に翻弄されながらも、何とか毎週どこかの山には登ることができています。しかし今週末はついに…と先週も書いたような記憶ですので、きっと女神様が微笑んでくれることでしょう。淡い期待を持ち続けます。  昨今の情勢から、自分が加害者か被害者のどちらになるにしても、山小屋での同宿は避けたいところです。しかし、連続して4ヶ所の山小屋でニアミスがありました。幸いいずれも回避はできました。絶対に…

続きを読む

今宵は一関

 今日は月1回のお泊まり出張です。見知らぬ町ではなく、11年を過ごした町ですので、昨今の社会情勢から飲みに出るのもはばかられ、ホテル内での夕食です。  今週末の行き先は天気も定まらず未確定です。天気に加え、大河を渡らなければならない山は不安要素が大き過ぎます。  雨でも比較的安全と言えるのは、渡れない沢がない、雷から身を隠せる森林限界以下ということになります。それほど多くは挙げられません。

続きを読む

五葉山・しゃくなげ荘 2022年8月20-21日

 今週は五葉山です。釜石南インター経由で向かいました。この経路ではコンビニは陸前高田にしかありません。トイレは道の駅さんりくに立ち寄らなければなりませんが、最近になって、唐丹駅のトイレ(多目的)が痔持ち仕様であることがわかりました。道の駅に立ち寄るより楽なような気がします。  7時前に赤坂峠に着くと、車は他にありませんでした。あまり天気はよくありませんが、午後から雨の予報ですので降る前に登って…

続きを読む