藪山再訪

 過去に藪こぎをして登った山に、積雪期に登ったことは何度もあります。オーヅ岳、大峰山、大開山、中倉山、御月山、天神森など多数あります。もちろん拍子抜けするほど楽勝であり、展望がなかった山でも積雪期には大展望だったりします。  今回の媚山のように、再び藪こぎで登った山は思いつきません。そもそもその必要性がないからでしょう。藪こぎを請うという稀有な方の存在でそういう事態になりました。別ルートなら、…

続きを読む

媚山 683.9m 2022年7月31日

 媚山(こびやま)には2014年5月にひめかゆスキー場から往復しています。そのときに西側の標高580m付近まで猿岩橋から通じると思われる林道があることを確認していました(猿岩橋側からは通行したことはない)。  媚びるという言葉にはあまりよい意味はありませんが、風光明媚という熟語では、単に「美しい」という意味で使われているようです。  ちなみに、媚山という姓は、16064位で約330人とのこと…

続きを読む

今日は媚山でした

 今日はご要望により、奥州湖畔の媚山に5人で登ってきました。  以前に登ったときより藪っぽくなっていましたが、ひどい藪は林道わきだけでした。  山からはところどころから展望がある程度でした。  水沢でランチして帰ります。

続きを読む

五葉山 2022年7月30日

 諸般の事情で今回は日帰りで五葉山に作業に行くことにしました。ザックは泊まりの半分ほどの7kgです。100m巻のトイレットペーパーを6巻持ちました。泊まるときは朝に3回ウンコをしますので、大量消費者です。 6時前に赤坂峠に着きましたが、車は1台もありませんでした。  晴れていますが、展望はあまりありません。  今回もシカはいませんでした。食害や増殖が原因でシカの処分が行われますが…

続きを読む

遠隔監視システム

 YAMAPの写真は、ときに遠隔監視システムとして利用できます。作業している氷上山や五葉山の様子が、リアルタイムではないにしてもわかることがよくあります。  23-24日にしゃくなげ荘前に造設した廃材置き場は風で吹き飛ぶ可能性もあるかと心配していましたが、27日の写真では健在で、雨蓋もきちんと前面に垂れ下がっています。また束にした廃材のいくつかが、上にそのまま置かれているのが写っています。 …

続きを読む

天気はよくても

 今週末はよい天気のようですが、日程的な行動制限があり、また今日4回目のワクチン(高齢者のため)を打ったことなどで、週末の予定が確定せず、まだ準備が進んでいません。  ワクチンの副反応は1回目の下痢・疲労感くらいのもので、それでも翌日に山には登っています。これまで一度も発熱することはありませんでしたが、4回目の今回がどうなるかは神のみぞ知るところです。したがって明日の身体状況を見てからでないと…

続きを読む

観光客に堕す

 今日の午後から月1回の1日半の出張で一関です。  出張中に時間外に飲むことの是非は別にして、一関在住時によく行った居酒屋に行くのは、このご時世、好ましくありません。  そういうわけで、ホテル内の食事処で少々飲みながらの夕食です。  メニューや雰囲気から観光客対象というところです。残念ながら致し方ありません。  我々の業界とも取り引きがあるそれなりの会社御用達の、ややハイグレードのビジネ…

続きを読む

間一髪!?

 所用で仙台から朝帰りでした。三陸道を走行中、前を走っていたワンボックス商用車の左後輪が外れました。火花が飛び散り、タイヤは数mの高さに飛び跳ねながら、かなりの距離を転がっていきました。幸いガードレールと法面の間を飛び、車道に出ることはありませんでした。また車は横転することもなく路肩に停止しました。けが人がいる状況ではなく、時間もあまりないので通過しました。  これが4km先の長いトンネル(登…

続きを読む

しゃくなげ荘・五葉山 2022年7月23-24日

 23日の午後は大雨の予報でしたが、泊まりで五葉山に登ることにしました。6時過ぎに到着すると、赤坂峠には車は1台もありませんでした。晴れていますので登ります。  今回いくつかのわき道の探検を予定していました。登山道のすぐ左手に沢があり、水はそこそこに流れていました。緊急時には使えるでしょう。  花が終わったクリンソウの群落がありました。 展望所 氷上山 …

続きを読む

午後は雷雨

 朝のうちにしゃくなげ荘に入り、作業をしました。廃材で廃材置場を作りました。屋外で薪が乾くメカニズムはよく知りませんが、雨ざらしでは乾きません。  昼ころから予報通りに雷雨になりました。しゃくなげ荘には7人がランチでやってきました。  桧山コースで来た人たちは雨の中を無事に下れたでしょうか。地図か何かを見て、黒岩経由のほうが森林公園の駐車場まで近いかもなどと言っていましたが、雨の黒岩は危険、…

続きを読む