予報通り雨

先ほどから雨が降り出しました。山小屋の雨音はショパンの調べどころではありませんので、雨の強弱がわかりません。 今日、早池峰山に登りましたので、明日は雨が弱まったら下山します。土砂崩れで孤立したりの不安はありませんので、ぬくぬくと過ごします。やはり黄金の御殿です。 雨より雪が降ってほしいのですが。

続きを読む

うすゆき山荘です

早池峰山に登り、今宵はうすゆき山荘です。 今のところは誰も来ませんが、山岳会などの忘年会で大挙やってくる可能性はなきにしもあらずです。

続きを読む

現地払いが無難?

 ネットの予約サイトでは、オンライン支払いと現地払いが選択できる宿泊施設があります。現地払いではカードが使えない場合もあります。  キャンセルした場合に、オンライン支払いしたものが本当に返金されるかどうか、若干の不安がありますので(これまでのものはたぶん返金されているはず)、最近はできるだけ現地払いを選択しています。  キャンセルすることを「正当な権利」だなどと思っていませんので、たまにやむ…

続きを読む

山頂を踏んでいない人が

 このところ氷上山に行くたびに、山頂直前の左折部分がわかりにくく、直進してしまう人を目撃していました。山頂から、「こっちだよ」と声を掛けたりしていました。  YAMAPの山行記録を見ていて、どうやら本当の山頂を踏んでおらず、直進先にある杭を三角点であるかのように写しているものがありました。せっかくの登頂を果たせなかったようで申し訳なく思います。  早急に対策を講じなければなりません。今週末は…

続きを読む

今週末は予定を変更して

 今週末は諸般の事情により、当初予定の青森遠征を中止し、県内の山に行くことにしました。密になる可能性がそれほどは高くないと思われる山小屋に。そこから登る山の雪の状況などは予断を許せません。  もっともさらに予断を許さない事情が控えていますので、どうなるかは直前までわかりません。比較的楽に行ける県内の山小屋でも圏外なのはこれいかにという問題があります。外部アンテナ端子のないガラホやスマホに電線を…

続きを読む

五葉山(また薪かつぎ) 2022年11月23日

 以前から、ひと回りほど年長の同僚Kさんと五葉山に登る約束をしていました。昨年11月3日にも一緒に登っています。昨日の段階では昼過ぎから雨予報でしたが、今朝は予報が悪化していました。7時に赤坂峠で待ち合わせにしました。  赤坂峠はうっすらガスがかかっていましたが、雨にはならないだろうと決行です。  今回は背負子のプラケースに薪を詰め、上にミレーマルシェのザックを載せることにしました。7時頃に…

続きを読む

青森市が近くなります

 11月27日に天間林道路(上北自動車道:七戸~天間林)が開通することになりました。これで最寄りの三陸道・通岡ICから上北道・天間林ICがつながり、国道4号線との信号交差点を介してみちのく有料道路とほぼ直結します。 昨冬は、七戸から先の一般道路での大雪に難儀しましたが、時間および安全性において大幅に改善するものと思われます。みちのく有料道路も冬場はクセモノではありますが、八戸経由の青森市はかなり…

続きを読む

23日は微妙な天気ですが

 現時点では、23日(祝)は9時まで晴れ、15時まで曇り、その後は雨という予報です。山は降れば雪となるかどうかはわかりません。  特別な事情がない限り、職場の同僚と五葉山を予定しています。年長の方ですので、私はハンディキャップとして今回も薪をかつぐ予定です。天気のよいうちにということで、赤坂峠を7時に出発します。まだまだ薪はたくさんあるようですので、我こそはという方はぜひご協力のほど。  薪…

続きを読む

防水バッグの末路

 シュラフをコンプレッションバッグから出すたびにゴミが出るようになり、何ごとかと思ったらこういう状況でした。  何年も使いましたのでやむをえません。  しかしコンプレッションバッグやスタッフバッグに防水機能が必要かどうかには若干の疑問を持っています。ザックに詰めるときは持ち物を適当に分けて、ビニール袋(衣類などを詰めるショップ袋が丈夫で重宝)にパッキングします。濡れると困るものは二重に。…

続きを読む

山頂は見えません

 氷上山の中央コースとすずらんコースからは山頂は見えず、玉山コースからも見える場所は限られます(案内板を設置した伐採地と祈祷ヶ原の西部)。五葉山の赤坂峠からのコースでも山頂は見えません。  登山記録サイトを見ると、氷上山の中央コースの鉄塔山展望地(7合目の上)から見える左端のピークを山頂としているものがたまにありますが、あれはすずらんコースの途中の810m等高線のピークです。 五葉山では賽の河…

続きを読む

五葉山(薪かつぎ) 2022年11月20日

 23日にも五葉山を予定していますが、天気が悪そうです。今日も曇りの予報でしたが、降れば雪だろうと、赤坂峠の薪をかついで登ることにしました。管理員のMさんも登るかもとのことでした。  6時50分頃に赤坂峠に着くと、4台の車があり、1台は夜露がおりており、宿泊者と思われます。他の車の人たちは準備中でした。薪を背負子に載せていると、2人の人が何本か持つと協力してくれました(うち1人はYAMAPの活…

続きを読む

氷上山・登奈孝志荘泊 2022年11月18-19日

 金曜午後からの代休で氷上山に登りました。夕方から雨が降り、19日は晴れの予報でした。  中央コース登山口に他に車はありません。 展望地 気仙川  すずらんコースの西斜面の紅葉はすっかり終わっています。  冬枯れの登山道です。 8合目上の祠  祈祷ヶ原からは金華山が見えました。  ザックを置いて、山頂に向かいました。  五葉山は冠雪していません。…

続きを読む

明日は雪?

 17時頃からみぞれが降り始めました。明日は雪景色か樹氷の世界を見ることができるでしょうか。  ぴんくの雪っこを飲んだら、期待して寝ます。

続きを読む

安心な山小屋へ

 当初は別の山小屋の予定でしたが、圏外ということで、圏内ですぐに下れる氷上山にしました。  同宿者の有無を心配する必要もない安心な山小屋です。  カメムシ対策で殺虫剤を持参しました。小屋に入るとカメムシ臭がしましたが、噴霧したら今のところは寄ってきません。  夜には雨が降るようですが、明日は晴れです。

続きを読む

需要の問題か

 現在は廃道となっている(あるいはなっていると思われる)、地図にはある「登山道」は多数あります。普通の人が見向きもしないような山であれば、ハナから道などあるはずがないと考え、確認することもなく、藪こぎしたり、積雪期に登ったりしてきました。  メジャーな山でも、以前にはあったらしい登山道が廃道となっているところはあり、復活したらよいなと思うところもいくつかあります。その昔に本当に道があったかどう…

続きを読む

今週も予定が確定できません

 今週末の予定は、諸般の事情により、明日金曜日の昼頃までは確定できません。明日の午後は代休ですので、午後から行ける山小屋泊まりを考えていましたが、当初の山小屋は圏外のためやめて、近くの圏内でそれほど時間がかからない山小屋に泊まることにして、準備は進めています。  諸般の事情については過日多少は書いていますので、お察しの方もおられることでしょう。そんなときに山に行くべきでないというご意見もあるこ…

続きを読む

大平山 563m 2022年11月13日

 青森市の大平山(おおひらやま)は東岳(あずまだけ)と峰続きです。4方向から破線の道がありますが、現存するとも思えません。東岳の住吉三角点(これまでの便宜的山頂)からは地図に道がありません。 久栗坂から根井川沿いの道(小松山周回)を進み、実線の道が山側(左岸)に移ったところから積雪期に登るしかないと思っていました。昨冬に偵察し、実線の道の起点付近まで除雪されていることが判明しました。 他に、貴船…

続きを読む

天狗森 450m 2022年11月12日

 天狗森(てんぐもり)は相馬ダムの奥にあります。山頂のすぐ近くを林道が通っています。山頂の北750mにある三角点が四等・天狗森です。  過日偵察し、相馬ダムへの作沢川沿いの道は落石のため通行できず、ダム上流へは山越えの別の道を通ります。「相馬ダムふれあいゾーン」と称する公園がありますが、オワコンのようです。作沢林道と藤倉林道の分岐部まで車で入れました。積雪期にここまで除雪されるとは思えませんの…

続きを読む

二ッ森 612.3m 2022年11月12日

 弘前市と鰺ヶ沢町の境界にある二ッ森(ふたつもり)は、三角点のある612.3mピークとその北東にある590m台のピークを指すものと思われます。両方とも登らなければ片手落ちです。これまで何度もそばを通っていますが、緑の季節には突入する気になれない状況でした。積雪期のほうが楽と思われましたが、追子森に登る前に通ると、落葉し突入できそうに思われました。  枯木平から2つのピークの間に至る実線の道は、…

続きを読む