氷上山(登山口刈り払い) 2022年7月3日

 猛暑ですが、約束通りにKさんと登山口の刈り払いです。  6時45分から、すずらんコースの登山口です。丁稚は熊手です。 駐車スペース 登山口  1時間ほどですずらんコース登山口は終わりました。登山道を上まで刈り払いするのもキリがありませんし、登山口の印象は重要ですので、登山口だけ。  中央コース登山口に移動しました。幸いまだ車が来ていませんでした。  1時間半…

続きを読む

五葉山・しゃくなげ荘泊 2022年7月1-2日

 久しぶりの金曜午後からの登山は五葉山にしました。できるかぎり荷物を減らし、ペットボトル600ml×3(2本は保冷剤)、ノンアルビール350ml×2などとし、斧とノコギリを持って、約15kgとなりました。   5月末に盛岡で買った軽登山靴をようやくおろしました。世の中には靴慣らしという儀式を行う人もいるようですが、もちろん私はそんなこともせず、いきなり泊まり山行です。速攻で買って、しばらくもっ…

続きを読む

まだ晴れません

 雨は降っていないものの、まだ強風と流れるガスの中です。  昼には晴れるようですが、あまり作業には向かない天気です。

続きを読む

しゃくなげ咲いてます

 雨に降られることなく、しゃくなげ荘に着きました。しゃくなげが咲いています。  これからひと雨ありそうですが、土日はまあまあの天気のようです。  ぜひ五葉山へどうぞ。

続きを読む

今日は禁断の午後登山

 今は晴れていますが、日が変わるまでは曇り、その後は朝まで晴れて、土曜の午前中が曇り、午後から日曜日まで晴れという予報です。今晴れているのでこのまま晴れるのではと思いましたが、西の空には雲が待っています。  このような天気のときに、山が雲の上なのか、雲の中なのかは行ってみなければわかりません。今日はあまり好ましくない午後からの登山ですが、今のところは雷注意報は出ていません。危ない場所はおよそわ…

続きを読む

なかかな機能満載のkestrel 38

 シュラフが小さくなる夏場は、OSPREYのkestrel 38を使う機会が多くなります。実はこれまで細かい使い方などは調べもせずに使ってきました。改めて観察し、ネットで調べてみると、なかなか機能満載のザックであることが判明しました。  詳細は割愛しますが、スノーシューは側面装着も背面装着もできるようですし、ストックを刀のように装着することもできることを初めて知りました。もっとも冬場や残雪期の…

続きを読む

千載一遇のチャンス?

 大手のアウトドア用品の会社が、陸前高田のキャンプ場を運営することになったようです。その概要を説明する会が6月29日にあるというので、市の担当部署にきいてみたところ、その内容は今一つわからないものでした。新聞記事では、陸前高田を盛り上げる千載一遇のチャンスというような取り上げ方でしたので、ちょっと期待し、氷上山の魅力をアピール(プレゼンテーション)できないかと思ったのですが、そのような場ではない…

続きを読む

朝飯前に設置

 起きると晴れていましたので、中央コース登山口に案内板を設置しに行きました。花の時期に間に合いました。  登山口付近も草が生い茂り、刈り払いが必要な状況です。  登山口への道(林道氷上山線)にはシカがいました。先週もいました。また踏めばパンクしそうな落石があちこちに転がっています。道路に倒れかかった木もあります。ゾーン30のように走らなければ危険です。また暗い時間は、シカも落石もかな…

続きを読む

案内板できました

 思い立ったら即実行ですので、完成しました。現時点での最良と思われる工法です。  設置場所をどこにするかです。今年は中央コース登山口の両側にあるベニヤマボウシが多数の花をつけており、左近の桜・右近の橘のような雰囲気を醸し出しています。ここがよさそうです。 あとは山馬越林道を過ぎた発祥の地の標柱がある場所ですが、その付近は成長が悪く(日当たりが悪いため?)、林道に1本咲いているだけです。 …

続きを読む

ベニヤマボウシ

 ベニヤマボウシの案内板を製作すべく、いろいろ検索しています。  氷上山が発祥の地となっていますが、江戸時代に氷上山の山中で発見されたとか、自然変異したとかの記載がある程度で、学術的根拠を書いているものはいまのところ見つかりません。多くの発明や発見と同様、たまたま一番早かったというだけのような気はします。 氷上山ベニヤマボウシの園芸品種がサトミということですが、園芸品種として伐採したりしたため…

続きを読む

氷上山・登奈孝志荘泊(刈り払い・玉山コース整備) 2022年6月25-26日

 2日間晴れる予報に好転しましたので、前日にKさんにお声がけし、25日の午前中は祈祷ヶ原の刈り払いをすることになりました。その後は案内板の設置や玉山コースの倒木処理の予定です。今回は装備の軽量化をはかり、15kgほどになりました。  最初に軽量化に伴う反省点を書いておきます。行動中などの飲み物は2日分でペットボトル600ml×3で、うち2本はクーラーバッグの保冷剤として凍らせました。この暑さで…

続きを読む

氷上山は晴れ

 午前中はKさんと祈祷ヶ原の刈り払いをし、すっきりしました。 午後はKさんは帰り、玉山コースの整備をしました。  ひと休みしてから、いま山頂です。  五葉山には人がたくさんいることでしょう。こちらは、衣かたしきひとりかもねむでしょう。

続きを読む

4時の虹

 4時に起きると、虹が出ていました。今日はきっとよい天気になることでしょう。虹を見て、暗い気持ちになる人はたぶんあまりいないでしょう。 以前にも書きましたが、私の趣味か世代かは不明ですが、まず浮かぶのはOver the Rainbowでも菅田なんだかでもなく、「虹の向こうは 晴れなのかしら」です。  陸前高田の海は東と思っていましたが、実は住居からは海(広田湾)はほぼ真南です。したがって虹がか…

続きを読む

断酒1ヶ月 禁断症状?

 断酒してほぼ1ヶ月になります。当初はよく眠れるようになったように感じましたが、最近はまた以前のようにあまり眠れなくなってきました。  また因果関係は不明ですが、先週の氷上山以来、かぶれ、虫刺され、光線過敏症のいずれか判然としない右肘屈側部の皮疹がなかなかよくならず、ここを原発巣とする自家感作性皮膚炎のようなものがあちこちに出現し、猛烈なかゆみに悩まされています。  断酒で肝機能が改善してい…

続きを読む

明日は玉山コースの整備です →予定変更あり(コメント欄)

 先週はお手伝いに来てくれた方がいらっしゃいましたが、すでに作業がほぼ終わっていました。確定的な時間などは提示できませんが、一応明日の行程をお伝えしておきましょう。  6時半~7時頃に中央コースを登り、1ヶ所に案内板を設置します。8時~8時半頃に登奈孝志荘に着きますので、そこから玉山(玉乃湯)コースを下ります。伐採地入口に案内板を設置し、玉乃湯に向かいます。稜線上の倒木は先週処理しましたので、…

続きを読む

ギリギリまであきらめないが

 天気予報が刻々と変わるのはいつものことですが、週末の天気が土日とも曇り一時雨に悪化しています。すでに泊まりでの準備をほぼ終わらせています。北のほうは多少天気がよいようですが、残念ながらまだ遠征できる状況ではありません。  雨が降ったら濡れればいいさ、やまない雨はないなどとは言いながらも、雨に濡れるのは大変不快なものです。山小屋の中にトイレがないところでは、外の「トイレ」に行くにも毎回濡れるこ…

続きを読む

粗製乱造!?

 ようやくたどり着いた簡便で耐久性がありそうな方法で、また2枚製作しました。  1枚は玉山コースの伐採地入口、もう1枚は中央コースの7合目を過ぎたあたりのすずらんコースの尾根を見渡せる場所に設置します。  伐採地からの展望は気づく人もいますが、気づかない人も少なくないようで、氷上山の山頂を拝める限られた場所です。もう1ヶ所は玉山コースから祈祷ヶ原に入ったあたりの登奈孝志荘の屋根越しに見える場…

続きを読む

さらばアイドリングストップ

 アイドリングストップは一利も感じられない無用の機構です。オフスイッチはあるものの再始動で元に戻ってしまいます。用を足して帰るときに、エンジンが暖まっていますので、駐車場の出口などでつんのめるという経験は誰しもしているはずです。  最近は見直してアイドリングストップをやめたメーカーもあるようですが、フォレスターはいまだ同じ状況です。このメーカーは、XVはスペアタイヤがないハイブリッドのみとなり…

続きを読む

さっそくお役に立てて

 18日の朝に「まわり石」の標識を設置しましたが、その直後に登った方のYAMAPにさっそく登場しており、「まわり石が一番気持ち良かった」と書かれていました。祈祷ヶ原の案内板には、まわり石の名前は出ていますが、標識がなければただの石としか認識されなかった可能性があります。  2020年1月に設置した、玉山コースの崩落地を迂回する矢印標識が無事であることもその方のYAMAPで確認できました。そのう…

続きを読む

氷上山・登奈孝志荘泊(案内板設置) 2022年6月18-19日

 梅雨入りしましたが天気がよさそうですので、案内板の設置のために、泊まりがけで氷上山に行くことにしました。車を運転できるようになりましたが、当分は遠征は控えます。近ければ安全なのかというご批判は覚悟していますが、人生はそんなものです。  中央コース登山口に車は他にありません(6時25分)。ベニヤマボウシはまだ咲いています。玉ノ湯までの道路沿いにも随所に咲いています。江戸時代末期に氷上山の中腹で…

続きを読む