階上岳・大開平避難小屋 2022年8月14-15日

 洋野町側から階上岳(種市岳)に登ったあと、階上町内でコインランドリーとスーパーに立ち寄ってから、階上岳に向かいました。今回は毎日汗にまみれたウエアをコインランドリーで洗濯乾燥しました。  大開平には数台の車がありましたが、避難小屋には誰もいませんでした。新しい休憩所に行くと、2人が泊まるとのことでした。センサーライトの件について話しておきました。他人のことは言えないかもしれませんが、2人でほ…

続きを読む

階上岳(種市岳) 739.3m 2022年8月14日

 青森県階上町と岩手県洋野町(旧種市町)の境界にある階上岳は種市岳と地図に併記されています。岩手県側からは種市岳と呼ばれてきたのでしょう。しかし岩手県側からの登山道は、ノソウケ峠からの道の情報しか得られませんでした。瀧澤大滝から破線の道が地図にありますが、現存するかどうかは不明です。2021年11月に南峰からの帰りに、洋野町側の地図にない道を進んだところ、破線の道の上端部があるのを発見しました。…

続きを読む

稲庭岳 1077.8m 2022年8月14日

 二戸市の稲庭岳には、2011年11月、2016年9月、2018年12月、2021年5月の4回登っています。  盛岡から八戸に向かって北上すると、稲庭岳が見えましたので登ることにしました。 稲庭岳 キャンプ場の案内板  キャンプ場には2台の車がありました。7時20分ですが、まだ眠っているようです。 登山口 ゲンノショウコ ヨツバヒヨドリ キンミズヒキ? …

続きを読む

茶臼岳 2022年8月13日

 大雨警報が出ていた八幡平市の茶臼岳に登るなんてとんでもないと言われそうですが、登りました。  区界では猛烈な雷雨に見舞われましたが、無事に切り抜け、八幡平に向かいました。茶臼口、黒谷地口、見返峠とも視界がほとんどなく、いったん秋田県の大沼まで進みました。しばらくして戻りましたが、見返峠はやはり視界がありません。黒谷地口まで下ると、多少の晴れ間が見えました。  いざ決行です。とまっていた車の…

続きを読む

最後は名久井岳

 青森のクーポンを三戸の道の駅で使うべく、その前に名久井岳に。ホトトギスがたくさん咲いていました。階上岳などは見えました。下山すると雨になりました。  久慈の道の駅でランチです。

続きを読む

使いにくいクーポン

 今日は烏帽子岳のあと、八幡岳に登り、八戸に投宿です。なんだか割とクーポンと楽天ポイントで実質400円です。しかしこのクーポンが使える場所が限られ、明日三八地方にいる間に使えるかどうか微妙です。  明日は天気が悪そうです。今日、戸来岳リベンジ(前回視界なし)できた天気ですが、あとの祭りです。

続きを読む

烏帽子岳です

 今回は下から歩きました。  これまで青森のいろいろな山から見えていました。  半兵衛高森、七十森山などが見えているようですが、現時点では同定できません。  岩手山、岩木山も見えます。

続きを読む

八甲田山の夕景

 大開平からは八甲田山や御鼻部山のシルエットが見えます。  明日はあまりよい天気ではなさそうです。  第一候補は烏帽子岳です。

続きを読む

稲庭岳、種市岳、階上岳

 朝に稲庭岳を周回縦走しました。  そのあと、洋野町の瀧澤大滝から種市岳に。廃道化しており藪こぎでした。  そして続いて青森側から階上岳です。  今宵は大開の小屋です。新しい休憩所には2人が泊まるとのこと。センサーライトに悩まされるでしょう。

続きを読む

今日は盛岡のパリ?

 黒谷地口から茶臼口まで縦走し、アスピーテラインを歩いて戻りました。不安定な天気でやはり雨は降りました。  視界はありませんでしたが、秋の花が咲いていました。  今宵は盛岡のパリ風の名前のオテルです。たぶん初めてかもしれません。なんだか割とクーポンで実質1000円です。知人とのディナーは初めての店に行きました。裏通りの魚の名前の店です。  明日は北へは向かいますが、登る山は未定です。

続きを読む

待てば茶臼の雨あがる

 大雨はやみました。視界はありませんが茶臼岳です。大阪から来たという3人がここで停滞するとのこと。空気がよどんでいました。今日泊まることにしなくて正解でした。  曲崎山コースを行くつもりだったようですが、世間にはどのようなコースと認識されているのでしょうか。最近はよくなっているのかしら。  ちなみに山頂から戻ったときに尋ねたら、S社の登山地図を見たとのことです。う~ん。

続きを読む

明日からお盆休み

 明日から4日間のお盆休みですが、今度こそは収穫なしという事態になりそうな雲行きです。とりあえず3ヶ所の宿場を決めましたが、果たして山には1山でも登れるかどうかです。  台風がそれる(*)可能性には期待しており、15日、16日は晴れるかもしれません。というわけで、身の安全は確保しながら明朝から逃避行に出かけます。  *:「台風がそれる」という表現はよく使われますが、自分の関係する地域からそれ…

続きを読む

小田越山荘・早池峰山 2022年8月10-11日

 曇りの予報になりましたので、うすゆき山荘に泊まって、山の日は早池峰山に登ることにしました。18時半頃にうすゆき山荘に着くと、先客1名がおり、何をするのかよくわかりませんが、入口前のテラスにテーブルやイスを並べ、そのままの状態では出入りできない状態でした。移動を要請すると、立ち上がり、ここを通ればよいとのこと。朝までこのままにすると言っていました。「遅く来て文句言うな」どと、常識が通用しない人物…

続きを読む

緊急避難で小田越山荘

 昨日はうすゆき山荘が傍若無人の先客1名に占拠されており(入口前のテラスにテーブルやイスを並べて出入り困難)、要請しても移動を拒否しました。やむなく小田越山荘に移動しました。  常識やマナーをわきまえない、変質したウイルスをうつされてはたまりません。  山の日ですが、悪天候です。

続きを読む

率に悩む

 災害級の大雨に見舞われているところもありますので不謹慎ですが、関心領域の明日までの予報は若干好転してきています。土砂災害などで孤立する危険性はなさそうなレベルになっており、行ってみるのが無謀という状況ではなくなりました。災害は雨後にも起こりえますが、そんなこと言っていては何もできないというのも間違った認識ではありません。 今回は直接参加はしない予定ですが、ボランティア行事は降水確率40%以上で…

続きを読む

山の日からお盆まで

 山の日からお盆休み(16日まで)にかけての天気予報はこれまた悲惨です。悪天候の予報でも、運よくはずれたりして、これまで休むことなく登山を果たしてきましたが、今回はついにどこにも登れないということになりそうです。  11日に予定していた某所への登山は仮に晴れたとしても、インダス川とガンジス川を渡渉することが困難と思われ、催行中止としました。  その代わりにどこかへ行きたいところですが、どこも…

続きを読む

直すだけマシ?

 国土地理院は、地理院地図の間違いを指摘しても、自治体からの申し入れがないかぎり直さないという基本方針のようです。まあ一理はないとは言えません。ただ「自分の子」の間違いを指摘されて直さないのもいかがなものかと。  警察は標識の間違いなどを指摘しても、黙って指摘したとおりに直します。これまでに何ヶ所もの標識や案内板が知らないうちに直されました。非を認めないという作戦のようです。  自動車メーカ…

続きを読む

うすゆき山荘・早池峰山 2022年8月6-7日

 うすゆき山荘か小田越山荘に泊まって、7日に早池峰山に登ることにしました。氷上山を下山後、遠野で買い出しをし、江繋経由で向かいました。タイマグラのキャンプ場は混雑していました。 両山荘にはメリットとデメリットがあります。 うすゆき山荘 メリット  車で行ける  トイレあり  水場あり(沢から引水、水質保証なし)  携帯不安定だがつながる(3G>4G)  屋内から稜線が見える  若干のマットなど…

続きを読む

登奈孝志荘・氷上山 2022年8月5-6日

 6日の午前中に登奈孝志荘修理の下見を観光協会と建設業者がするということで、Kさんと一緒に立ち会うことにしました。私は一足先に5日の午後から登り、登奈孝志荘泊です。  もちろん中央コース登山口に他の車はありません。  ベニヤマボウシの案内板は字が変色し、にじんでいました。耐水紙にパソコンとプリンターで印刷する方法は社名柱ではまあまあうまくいっていますが、耐久性が悪いようです。  中…

続きを読む